顔のシワ

顔のシワが増えていく仕組み

赤ちゃんの肌ってとってもキレイですよね。
柔らかくてモチモチとしているので、
大人の人でもスベスベ肌の人の事を「赤ちゃんのような肌」と言います。

 

でも赤ちゃんの時にキレイだったお肌も、
20歳くらいをピークに、だんだん衰えてきます。

 

特に女性は25歳と40歳くらいになると、
ガクッと肌が衰えてくるそうですね。

 

若い時にはハリがあって潤っていたはずのお肌も、
年齢を重ねていくと、どうしてもシワっぽくなってしまいます。

 

これは加齢によって、保湿成分や皮膚の組織が変化することが原因なのです。

 

肌の内側には、ハリや弾力性を保つコラーゲンやエラスチンがあるのですが、
年齢とともにコラーゲンの量はだんだん減少していき、エラスチンはバラバラになるそうです。

 

そのため、肌の内側にある真皮をしっかりと保てなくなって、
表皮にシワやたるみが出来てしまうというわけなのです。

 

また、そういったシワにも色々な種類があって、
大きく分けて、表情ジワや乾燥ジワと言われています。

 

表情ジワは、日常の中で表情を変えた時に出来るシワ(笑いジワや眉間のシワ)などが、
消えなくなって定着したために、シワになってしまったものです。

 

加齢におけるコラーゲンなどの減少も考えられますが、ストレスも原因だそうです。

 

一方、乾燥ジワは、ちりめん状の細かいシワ、それらが重なって出来るシワです。

 

乾燥シワが出来る仕組みとしては、新陳代謝の低下が考えられます。
それから、角質層における水分量が少なくなってしまうからでしょう。
紫外線の影響でお肌がダメージを受けることも原因になります。

 

乾燥ジワは、年齢を重ねると、目尻や目の下などに少しずつ出来てくるのです。
それぞれは細かいシワなのですが、それらの数が増えて重なってくると目立つシワになってしまいます。

 

これらのシワを増やさないようにするには、
コラーゲンやヒアルロン酸が配合された基礎化粧品を使って、お肌の潤いを保つことが大切です。
それと、紫外線対策もしっかり行うと良いですね。

 

加齢によるシワを完全に防ぐことは出来ませんが、出来る限り増やさないようにしましょう!